2017 年 6 月 24 日 ( 土曜日 ) 17 時 56 分
ホーム 仮想通貨マーケット速報

仮想通貨マーケット速報

ビットコインステーション仮想通貨マーケット速報では、毎日仮想通貨マーケットの情報を配信しています。さらに急騰・急落があれば適宜ピックアップして配信します。当サイトのメインコンテンツとして今後さらに力を入れて配信する予定です。

2017/6/23(金)仮想通貨マーケット速報!ビットコイン上昇、アルトコインは調整か

本日のビットコインは2710ドル前後で推移。 やはり大きな下落から完全に値段を戻してきました。 8月1日までに3000ドルを超しているんじゃないかと思います。 ビットコイン騒動についての所感 目下ではビットコイン分裂騒動も以前と比べると収束気味に向かっているようです。 問題の8.1までにビットコインが暴落するタイミングもあるかもしれないですが、(私は半々だと思います) 基本的には他のアルトコインに逃げても、直近1ヶ月の過去の例から見ると ビットコイン暴落時はアルトコインも暴落して痛みが倍になるだけですので、 アルトコインをビットコインに変えておくか、またはUSDT(米ドル連動の仮想通貨)に変えておくべきでしょう。 この時、もし円に換金すると(利益がある場合)税金が発生するのはご存知かと思います。 ですので日本の取引所をご利用の皆さんは、海外のBittrexやPoloniexなどに仮想通貨を移動し、 USDTを買えば税金を払わずに仮想通貨の暴落リスクを回避できます。 もしまだお持ちでないなら、この機会に海外の取引所アカウントを作られることを推奨します。 ICO熱も一段落 さてICOラッシュも終わり、相場は閑散としています。 Poloniexの出来高も、お客をICO銘柄に取られたのか、急に減少していますね。 最近重かったり送金に不安があったりで、Bittrexに移動しているユーザも多いです(私もそうです) 直近で人気だったMobileGo、BAT、BANCORなどがありますが、 BATやBANCOR等は上場ゴールで上場後下がりっぱなし。 上場後の伸びを見ているとゲーム関連銘柄のMobileGo以外はパッとしないですね。 (しかしまだLiquiなどマイナー取引所しか扱っていない) MobileGoは、Liqui上場時にICO価格から4倍でしたが、上場後から50%以上伸びてます。 またゲーム関連では、少し前に急上昇したGAMEや最近上場したFirstBlood、MobileGoなどゲーム関連銘柄は最近アルトコインの中で安定して上昇しています。 やはりEスポーツで賞金として取り入れられたり、イベントで使われたりといった実需がでそうな思惑が後押ししているんでしょう。 その他のアルトコイン イーサリアム、リップル、ライトコインなど主要アルトコインは先日のICO送金トラブル絡みの下落から値が戻らず調整が続いています。 話題のICO、Bancorは本日Bittrexに上場。ICO価格をかろうじて20%ほど上回るぐらいの低調な滑り出しになりました。 (画像では-86%になっていますがこれはICO銘柄特有の事象ですので気にしないでください。) 直近ではビットコインの価格がジリジリと上昇しているのでアルトコインはもう少し動きがない場面が続きそうです。 なにか面白い流れがあり次第、追っていきたいと思います。 それではまた明日

2017/6/22(木)仮想通貨マーケット速報!イーサリアムの不具合で仮想通貨は全体的に調整か

本日のビットコイン価格は2600$前後で推移。 イーサリアム 昨日の夜中にあった人気のICO案件statusでイーサリアムの送金が集中して一部送金されないなどの 不具合があり、それにともなって不信感からPoliniexでイーサリアムの投げ売りがあり、全取引所でイーサリアムの暴落を引き起こしたようです。 イーサリアムの暴落に他アルトコインも連動して全体的に調整局面に入りました。 うーんスマートコントラクトの機能性からICOでイーサリアムが使われるのがイーサリアムが上昇している理由の一つだったんですが、それが仇になった形ですね。 イーサリアムの性能に対する疑問と、この先ICOでも目立つものがないので、 しばらくICO自体が下火になるかもしれず、イーサリアムの上昇も一旦落ち着く可能性がありますね。 モナコイン 他のアルトコインに目を向けると、モナコインが急上昇しました。 2年以上前から2ch系で使われている仮想通貨です。 ザイフ(国内)やBittrexで扱われています。 主な用途として2ch系のサービスなどで利用でき、パソコンパーツのARKなどでも使えるそうです。 ほとんど日本人しか扱ってないマイナーなコインですが、あと1ヶ月でコイン採掘の半減期になるらしく、 供給が減るので駆け込み需要的に上昇する流れになったのでしょうか。 リップル 先日のイーサリアム絡みの暴落に引っ張られて12000→10000まで暴落しました。 この先しばらくは調整局面になるかもしれません。 9000以下では底堅いと思うので、10000を割ったら拾っていけば良いと思います。 ■リップル社 参加予定のカンファレンス 2017年6月20日~21日 Euro Banking Association 2017 - アイルランド ダブリン 2017年6月26日~28日 Money 20/20 Europe デンマーク コペンハーゲン 海外市場  

2017/6/21(水)仮想通貨マーケット速報

本日もビットコインはジワリと上昇してBTC=2700$。 8.1騒動も一段落し、BTCは引き続き上昇基調が続きそうです。 アルトコインの方は夜中に人気ICOのStatusへのイーサリアム送金遅延問題とかで 全銘柄一斉に下げてました。 大きなトラブルがあればアルトコイン全部に波及(主に暴落時)する のが怖いところですね。 イーサリアムは0.14前後から一時0.11まで下がってパニック状態に。 その他、リップルも高値から10%ほど下落しました。 リップルは高値更新を目指そうかという展開だったのに残念でしたね。 でもリップルに原因があるわけじゃないので、また値段を戻してくると思います。 まとめ 依然としてレバレッジが大きくて特に夜中に多く動いたりして怖い相場が続きます。 直近のICOバブルは早く落ち着いてほしいですね。 そのうちまた何か大きなトラブルが起きそうな気がします。 最近で大きな話題になったICOといえば MobileGo,BAT,Bancorそして今回のStatusぐらいで、しばらくは一段落しそうです。 それでは、本日もご閲覧ありがとうございました。 仮想通貨全銘柄上がれ~グッドラック!  

2017/6/20(火)仮想通貨マーケット速報 リップル急騰中!

まずビットコインは先日から引き続き少し上昇。 BTC +2.9% 2593.09$ もしビットコインが分裂しなかったら最近の一連の分裂しそう騒動は一体何だったんでしょうね。 ポジショントークで相場を上げ下げして儲けるつもりだったんでしょうか。 余談ですが、どの仮想通貨が今後伸びていき市民権を得るかは基本的にアメリカの動向次第だと思ってます。 確かにビットコインやイーサリアムは資産的通貨として信用度が高いし今後も値段は高くなっていくと思いますが、中国(巨大なマイニングシェア)とロシア(イーサリアム開発者)に主導権を握られているので欧米諸国では今後、それらの資産的通貨に対して取引や税金等で厳しい規制する動きになる可能性もあり得ます。 アメリカ(欧米諸国+日本)としては自国通貨がある以上、新たな仮想通貨を作っても本末転倒なので、現状ですでに技術が完成している流通貨幣的通貨のリップル(中央集権でコントロールしやすい)をアメリカとその同盟国の支持する仮想通貨として公的機関に利用するように仕向けてくるかもしれません。 まだまだ夢物語ですが、もしそうなった時にリップルが時価総額も価格もビットコインやイーサリアムをゆうに抜き去ることは明白だと思います。(あくまで夢物語ですが) さてアルトコインは先ほどからそのリップル(XPR)が来てますね。 本日からリップル社が参加するカンファレンスに期待する上げでしょうか。 2017年6月20日~21日 Euro Banking Association 2017 - アイルランド ダブリン 2017年6月26日~28日 Money 20/20 Europe デンマーク コペンハーゲン チャート的にも調整が1ヶ月続き、下値固めは充分だと思います。 いつ上に行ってもおかしくないでしょう。 他のアルトコインでは軒並み上昇していますが注目としては以下あたりが最近、新値更新して強い動きです。 BTC-SC 19.6% 0.00000739 BTC-1ST 155.8% 0.00094979 BTC-GNT 19.8% 0.00027423 BTC-SYS 28.4% 0.00009211 BTC-ARDR 28.4% 0.00010813 BTC-ETC 3.2% 0.00829805 BTC-LTC 5.3% 0.01836795 ■仕手銘柄 ANS Antshares  137.0% 0.00529994 Bittrexに上場しているANTですが、先日0.00100000だったところから すでに5倍になっています。 明らかに仕手ですが、Bittrexの出来高最高銘柄に昨日からずっと君臨しています。 いや流石にここからは参加しにくいですね。

2017年6月19日(月)リップル(XRP)急騰!

あっ、リップル(XRP)来てますね。 そろそろ膠着状態から脱してもおかしくないほど調整し、 9000台での力強い買いも確認できたので、いつ上に突き抜けてもおかしくないかと思います。 目下のところ11000の壁を目指したいところですが、10000前後で落ち着いてから、ここで2回ほど跳ね返されてます。 次に13000~14000ぐらいにある壁ですがこのあたりでも2回ほど跳ね返されています。 リップル取引量の韓国での異常なシェア上昇もあり、本当にそろそろ何か動きがありそうな気がしてきました。

2017/6/19(月)仮想通貨マーケット速報

さて今後のビットコインの相場です。 個人的に一連のハードフォーク問題は収束を迎えつつあり、これから上昇モードになっていくと予想します。 ビットコインは分裂しない流れになると思いますが、分裂してもそれほど影響を受けないと思います。 アルトコインはどうでしょうか。 日曜日は特に目立った動きはありませんでしたね。 リップルが若干上昇し、それにともなって他のアルトコインが若干下落しています。 またBittrexでは下記のアルトコインが盛況です(今からだとジャンピングキャッチになりそうなので注意) ANS 100.8% 0.00264992 (Antshares) PTOY 33.4% 0.00012004 (Patientory 6/19Bittrex上場) ビットコイン8.1問題に対するTwitterの反応 超速報:この円卓会議で #SegWit2x を支持するとし署名した企業は中国三大取引所OKCoin, BTCC, Huobiを含むBU派Bitmain, ViaBTCまた今朝声明を出したBixinやF2Poolを含むほぼ全ての中国主要企業となる #ビットコイン #仮想通貨 https://t.co/nDdThiC4eU — 墨汁うまい(BokujyuUmai) (@bokujyuumai) 2017年6月17日 //platform.twitter.com/widgets.js 超速報:USD最大の取引所Bitfinexを始めとし、計8.5%のハッシュパワーを持つマイニングプール(4.3%Bitfury、3.8%Slushpool、0.4%BitcoinIndia)など20企業がUASF支持を表明 #ビットコイン #Bitcoin #仮想通貨 #UASF https://t.co/E58o2S5oxG — 墨汁うまい(BokujyuUmai) (@bokujyuumai) 2017年6月16日 //platform.twitter.com/widgets.js 【更新】 「ビットコインは結局分裂しないなじゃないかな」という個人的な素人予測です。エントリー内の情報が間違ってたら、できればご指摘願います。 8月1日ビットコイン分裂騒動の現状と予測 | 貯金1000万を仮想通貨に換えた男のブ https://t.co/py0Q5dLDH6 — マナ@ (@1000crypto) 2017年6月16日 //platform.twitter.com/widgets.js  

2017/6/19(月)リップル急騰その後の展開

うーん、リップル、昨日上がっていたんですが、やはり圧力が凄くて伸びませんでしたね。 9700~10800ぐらいまで伸びたんですが、10300まで下げてます。 しかし何かそろそろ上がりそうな感じがしますよね。 それはそうと韓国でリップルの取引量が急増していてシェア50%突破との情報です。 →ripple公式サイト XRP取引量、対通貨レートのリアルタイムチャート ■仮想通貨取引所 韓国勢 bithumb.com Coinone korbit.co.kr 合計約55%で韓国勢がリップル(XRP)の取引量の過半数を占めています。 扱われ始めたのはつい最近だと記憶していますが、一体何があったんでしょうか? 自国通貨を持っているよりもXRPを持っていたほうが有利な理由でもあるんでしょうか。(自国通貨が不安とか出稼ぎ用に送金が安いのを期待とか) とにかく、韓国で最近扱われ始めたXRPがシェアを上げているのはXRPにとっては良い事だと思います。 Twitterの反応   $XRP there's been an awakening, have you felt it? 2h kumo breakout, broke 4h cloud high probability trgt = ~16k+ pic.twitter.com/NK7tn93V7r — #UASFmoku (@CarpeNoctom) 2017年6月18日 //platform.twitter.com/widgets.js XRPの取引量、韓国が圧倒的に多い。50%を超えています。Poloは一ヶ月前と比較して下がりましたね。なぜ韓国でここまで人気なのでしょうか pic.twitter.com/EgfwaYkfbe — Eddie (@eddie_r32) 2017年6月18日 //platform.twitter.com/widgets.js  

リップル(XRP)急騰中!

リップルが9000台からジワジワと上がってきました。 また前回の反発の壁になった11000の壁を越えられるか注目ですね。 個人的には動きが不自然なリップルは、 リップル社が上げ下げを操作してるんじゃないかと疑いたくなりますね。 リップル社が買い上げて高値で持ち分を利確(XRP配布)しているだけとか…。 そう思いたくなるほど、高値(10000以上)での売り圧力が半端なく感じます。 (実は最初のGW中の上げすらも自作自演だったりするのかもしれないですね) ただ一定以上利確(配布)したら上に上がっていきそうな感じがします。 それがいつになるかはわからないですが、そう遠くはないと思いますので、 初動の動きをしっかり観察していきます。   むー、、、XRPこの動きはおかしいだろ!誰だ蓋してんのは?先生言わないし怒らないからみんな目を閉じた後。そっと手を上げなさい。なんだ、リップル社お前かー!! — にに (@nininini2222ni) 2017年6月11日   6/20 XRPの時代が動きます!なんと皆さん待望の内容じゃないでしょうか。 リップル2020年の予想図も掲載! https://t.co/6CI1SFhLj0 — あっちゃん (@d8LbjsvKEENOTun) 2017年6月14日 米の投資ファンド創業者、ブライアン・ケリー氏のインタビューによるとビットコイン以外にイーサリアム、リップルも投資対象。時価総額はイーサ、リップルいずれもビットコインと同水準に膨らむと見ている、とのこと。日経。 — xrpgoxed (@goxed_xrp) 2017年6月12日

2017/6/18(日)仮想通貨マーケット速報

ビットコインは先日から引き続き緩やかに上昇しています。 イーサリアムからライトコインに資金が流れてしまってイーサリアムは下落傾向。 ライトコインが先日に引き続き急伸。 ライトコインは先日の高値を超えてチャート的には買いたいところですが、 利確の動きがあると思うのでジャンピングキャッチは慎重にいきたいですね。 (この記事を書いてる途中で下がってきました…危ない!) シアコイン(SC)も一時+15%ほどと急伸していましたが続かず、値が戻っています。 他には先日上昇していたBATやQRLも大きく値を落としています。 やはり暴騰しても値が保てない銘柄が多いのでジャンピングキャッチはくれぐれも注意したいですね。 最近、大暴騰(2倍以上)して値が落ちなかった銘柄としてはビットシェアBTS(3倍)やシアコインSC(2倍)ぐらいでしょうか。 デジバイトDGBは最高4倍ぐらいまで行きましたが2倍程度まで値を落としています。   ライトコインもう一段上げくらいあるかと思ってたけど、1日置いといてもかわってないですね。SCへの背面ジャンプも効率よくなさそうだし、ちょいと静観しますか。 — えぼんぬ (@ebonnnnnn) 2017年6月17日 //platform.twitter.com/widgets.js ライトコインのbitstamp上場は明後日の月曜日。ショート積み上がってるから、踏み上げて、もう1段もありえるかも? https://t.co/HPahalsZo6 — Junya UASF Hirano (@junya_1991) 2017年6月17日 //platform.twitter.com/widgets.js          

2017/6/17(土)仮想通貨マーケット速報

ビットコインがやはり値段を戻してきました。 4時間足で画像の6月15日12時というところで目先の底だと考えられるでしょう。 この週末は結構大事なポイントかもしれません。 アルトコインに目を転じるとライトコインが急に上がってきました。 セグウィットに既に対応している通貨ということで上がっているのでしょうか。 "ライトコン、Segwitアクティベート後も、何の問題もおこってない" https://t.co/Cm6cDQCCUf — Tetsu UASF 大石哲之 (@tyk97) 2017年6月14日 //platform.twitter.com/widgets.js 仮にビットコインにsegwit導入されたら、ライトコインの価値ってどうなるんだろう。 — マナ@ (@1000crypto) 2017年6月16日 //platform.twitter.com/widgets.js 暗号通貨は改良が可能なのだから、大切なのは優秀な技術者や開発者がどれだけいるかということ。 なので、最も数多くの優秀な技術者や開発者が集まるビットコインの技術を転用できるということは、それだけライトコインは有利な環境にあるということ。 これがライトコインの強みです。 — Yasu UASF 濱田泰昌 (@yasumasa200) 2017年6月17日 //platform.twitter.com/widgets.js うーん、一時的な避難先で上がっているものだと思いますので、 ジャンピングキャッチに注意ですね。 急騰したアルトコインの多くは、1週間以内に値を戻すことが多いです。 今後ビットコイン運命の日の8月1日に向けて避難先として突然老舗のコインが上昇する可能性があるので、 引き続き注視していきたいですね。   主なマーケット情報 対ドル BTC 4.3% 2435.08 ETH 4.4% 341.61   対BTC ETH -0.0% 0.14099887 XRP -1.9% 0.00009874 LTC 26.7% 0.01520000 CANN 54.0% 0.00000519 ANS 51.8% 0.00103198 LGD 81.5% 0.00073864

為替/市況

ビットコインリアルタイム価格

アルトコイン⇔ビットコイン変換価格レート