2017 年 10 月 22 日 ( 日曜日 ) 22 時 35 分
ホーム 仮想通貨マーケット速報

仮想通貨マーケット速報

ビットコインステーション仮想通貨マーケット速報では、毎日仮想通貨マーケットの情報を配信しています。さらに急騰・急落があれば適宜ピックアップして配信します。当サイトのメインコンテンツとして今後さらに力を入れて配信する予定です。

BAT(Basic Attention Token)急上昇!一時+40%超

BATが暴騰中です! 上場しているのはBittrex、Liqui Exchangeなどで日本やPOLOでの取扱はありません。 BTC-BAT Basic Attention Token +39.9% 0.00009373 2017/06/04/の上場以来、冴えない動きを続けていましたが、いきなり上がってきました。 一応、先日BATの開発しているブラウザBRAVEを使ってみました。 FIREFOX、Chromeなどと比べてプラグインも少なく、スマホではバグですぐに終了するなど、 まだまだ開発途上で全然使えないです。 しかし、この仮想通貨の売りになっている、BRAVEでWEBブラウジングするだけで仮想通貨BATがもらえるのは確かに魅力的ですので 今後の発展には期待しています。

リップル(XRP)急騰中!

リップルが9000台からジワジワと上がってきました。 また前回の反発の壁になった11000の壁を越えられるか注目ですね。 個人的には動きが不自然なリップルは、 リップル社が上げ下げを操作してるんじゃないかと疑いたくなりますね。 リップル社が買い上げて高値で持ち分を利確(XRP配布)しているだけとか…。 そう思いたくなるほど、高値(10000以上)での売り圧力が半端なく感じます。 (実は最初のGW中の上げすらも自作自演だったりするのかもしれないですね) ただ一定以上利確(配布)したら上に上がっていきそうな感じがします。 それがいつになるかはわからないですが、そう遠くはないと思いますので、 初動の動きをしっかり観察していきます。   むー、、、XRPこの動きはおかしいだろ!誰だ蓋してんのは?先生言わないし怒らないからみんな目を閉じた後。そっと手を上げなさい。なんだ、リップル社お前かー!! — にに (@nininini2222ni) 2017年6月11日   6/20 XRPの時代が動きます!なんと皆さん待望の内容じゃないでしょうか。 リップル2020年の予想図も掲載! https://t.co/6CI1SFhLj0 — あっちゃん (@d8LbjsvKEENOTun) 2017年6月14日 米の投資ファンド創業者、ブライアン・ケリー氏のインタビューによるとビットコイン以外にイーサリアム、リップルも投資対象。時価総額はイーサ、リップルいずれもビットコインと同水準に膨らむと見ている、とのこと。日経。 — xrpgoxed (@goxed_xrp) 2017年6月12日

2017/7/11(火)仮想通貨大暴落中につき緊急アップデート!

ビットコイン ビットコインは2200$を切り、危険水域に差し掛かってきました。 前回、前々回にあった暴落と今回の暴落が一味違うのは以下の5つの理由からです。 ・仮想通貨市場全体の時価総額が下落に転じている ・全アルトコインの大暴落でビットコインの時価総額占有率が50%を回復 ・8.1問題が差し迫る ・ビットコインの日足チャートが支持線を割り込んでいる(いわゆるデッドクロス) ・欧米のバカンスが近く利益確定の流れ 以上の理由などから主に5月バブルで集まった投資家による見切り売りが加速していると見られます。 以前から書いているとおり、資金がアルトコイン→ビットコイン→フィアット(USDT)に還流しています。 この状況でビットコインが下落すればフィアット(USDT)に変える動きに拍車がかかります。 もし、ビットコインが2000$を割ると前回の5月27日の1600$を試しに行くと見られます。 2000$まではまだ200$も余裕がありますが、流れが加速する可能性もあるので余談を許せません。 まとめ 上記画像を見て頂けるとお分かりの通り、もはや個別アルトコインの騰落判断は必要ないでしょう。 ビットコインが下落すれば、その倍のパーセンテージで全アルトコインが下がる状況です。 今はアルトコインが暴落の様相を呈していて、重要な局面を迎えています。 取れる判断は3つ 損切りをするか、買い増すか、何もしないかです。 しかし状況的には買い増すというのは難しい選択です。 なぜなら仮想通貨は株式などと違い、資産等の実体がなく最低価格の保証がないからです。 一時的なギャンブルなら買い増しも良いですが(時間を限定して) どこまで下がるかわからない中で買い増しを続けていくのは精神的に辛いでしょう。 耐えられない人は損切り、耐えられる人は何もしないのがベストかとは思います。 記事の最初に述べた5つの理由からです。 皆様におかれましてはくれぐれも判断を過たず資産をお守りください。  

QRL急騰!40000→93500

Bittrexに最近上場したQRLが急騰。 ビットコイン下落でアルトコインに資金が流入している影響もあるかもしれません。   Quantum Resistant Ledger(QRL) 量子コンピュータ関連 公式 https://theqrl.org ロードマップ https://theqrl.org/presale/roadmap.html

2017/7/10(月)仮想通貨マーケット情報!アルトコインバブル~宴のあと

ビットコイン 週末のビットコインは安定して2500$前後で推移していました。 ゴールドマン・サックスがビットコインは近いうちに4000$に到達すると予測したニュース(外部サイト)もあり 今後も引き続き楽観的な展開になりそうです。 直近では徐々に認知度が広まりつつあるビットコインが下がる展開は考えにくく、 ビットコインは上昇し、アルトコインの対ビットコイン価格は下落を続けるという展開になりそうです。 アルトコイン アルトコインは6月中旬ぐらいからジリジリと値段を切り崩していく展開になっています。 主な理由としてはアルトコインの存在価値についての疑問があるからだと思います。 アルトコインを個別に見ていった場合、ビットコインまたはその他の手段で事足りてまうケースが多いからです。 実際、アルトコインは6月中旬から現在までにかけて主体性が無く弱気一辺倒です。 仮想通貨全体の時価総額 仮想通貨全体の時価総額も6月中旬をピークに上昇が止まり、新規の資金流入がない以上、 今後のアルトコインは下落する局面が続きそうです。 問題はアルトコインが対ビットコインレートでどこまで下がるか、でしょう。 まず下記の先行上昇3銘柄の対ビットコインチャートです。 上記は5月をピークに下落しているリップル、ネム、ステラなどの先行上昇銘柄。 次に6月ピークの3銘柄です。 6月をピークに下落しているイーサリアム、GAME、SIACOINなども先行銘柄を追随する下落チャートになってます。 最悪の場合、ほぼ5月GW相場前後まで戻るという状況は覚悟しないとなりません。 その場合は下記の価格となります。 5月ピーク銘柄 リップル:現値9000→4000satoshi ネム:現値6000→2500satoshi ステラ:現値800→350satoshi 6月ピーク銘柄 イーサリアム:現値9500000→4000000satoshi GAME:現値100000→60000satoshi SIACOIN:現値400→100satoshi 上記リストの通り、対ビットコインレートで現値から50%前後の下落です。 もちろんその分、ビットコインの価格は上昇すると思いますので、 対円レートではそれほど下落しない可能性もあります。 今後、追加投資や損切りの判断では非常にシビアな決断が必要になりそうです。 ICO銘柄 引き続き下落が著しいです。 BancorやStatusなどと言った6月の超話題銘柄で直近高値から50%下落しています。 完全にICOバブルは終わったと見ていいでしょう。 今後は身分不相応なICO銘柄が淘汰されていきそうです。 まとめ 直近ではビットコインは上昇を続けアルトコインは下落を続けるという展開になると思います。 特に8.1問題を乗り越えた後のビットコインは急速に価格を上げてくると思います。 その時にアルトコインが値を戻すか、または下げるかが焦点だと思いますので 当サイトでは引き続き仮想通貨相場の状況を注視していきたいと思います。    

2017/8/1(火)仮想通貨マーケット情報!ビットコイン3000$突破目前!本日ハードフォーク?

ビットコイン かねてより8.1までに3000$と予想していましたが、 とうとう本日8月1日、2930$(執筆時)まで上昇しました! 本日中に確実に3000$を狙いに行く相場になっています。 また本日予定のビットコインキャッシュのハードフォークについては 行われない可能性も若干あるらしく、情報が錯綜していて予断を許せません。 結局はその時間になってみないと分からないということでしょう。 ↓カウントダウンサイト https://www.timeanddate.com/countdown/launch?iso=20170801T1220&p0=1440&msg=Bitcoin+Cash+Hardfork&font=sanserif (公式サイトではありません) ビットコイン分裂後の相場は? ビットコイン(BTC)とビットコインキャッシュ(BCC)のハードフォーク後、 大多数の方はBTC,BCC両方下がると言っていますが 果たしてそうでしょうか? この2ヶ月間、ビットコインは3000$を越えていてもおかしくない相場でしたが(特に5月) 分裂騒動などで上値を押さえつけられていたように見受けられました。 まだまだバブル感はなく分裂騒動が一区切りしたところで次のステージを目指すように思われます。 3000$超えのあとは4000$は比較的すぐ更新し、今年中に5000$を目指すのではないでしょうか。 またビットコインキャッシュ(中国マイナーが主体のアルトコイン)については、 現在、先物取引で0.1BTCぐらいの値段がついているようですが、 もし分裂した場合は少し下げたあとに上げてくる可能性があると思います。 理由としては他のアルトコインに限界を感じているユーザが多いと思われるためです。 今回の5月アルトコインバブル後、冷静にアルトコインを検討してみれば 果たして現在値の価値があるのか疑問が生じていると思います。 前回の記事でも書きましたがビットコインが改善されていけば既存のサービスだけで十分です。 ここから10倍、100倍を目指す投機家なら既存アルトコインよりも 中国人需要もあるかもしれないビットコインキャッシュに賭けてみたい人も多いと思われます。 ですのでビットコインキャッシュが発生したら面白い相場になると思います。 アルトコイン ビットコイン分裂直前ですが、イーサリアムは上昇、リップルやライトコインは下落中です。 軒並み、アルトコインは底値ギリギリぐらいで底値を探っている状況です。 今後アルトコインが上がる局面があれば良いですが、 ビットコインが3000$を超えて急上昇した場合、一気にアルトコインが下がる可能性もあります。 今後、資金が流入する状況が無ければアルトコインの保持は非常にリスキーだと思われます。 資金が流入する状況として考えられるのはビットコインの5000$突破などの話題性などでしょうか。 当サイトではビットコインかビットコインキャッシュ、また下落時にはUSDTや現金に退避するのが 今年の投資戦略ではベターかと予想します。 まとめ いよいよあと数時間に迫った分裂騒動ですが、 分裂するにせよしないにせよ、本日は大相場が待っていそうです。 皆さん歴史的な瞬間を一緒に乗り越えましょう。

2017/6/14(水)仮想通貨マーケット情報(MobileGo上場)

本日のトピックス ・過去最高額のICOになったBancorのICOも終わり、最近過熱気味だったイーサリアムが調整モードでヨコヨコの展開。 ・ビットコインが先日に続き若干の下落基調 ・Bittrexに話題のMobileGoが上場(一応サイト上で存在するが、まだ取引は開始されていない)liquiにはすでに上場済み。価格は0.00070798(238円)(ICO価格1MGO当たり58円。およそ4倍) 主なマーケット情報 対ドル BTC 2641.06$ ETH 370.99$ 対BTC ETH 0.14062000 XRP 0.00009930 MGO 0.00070798

2017/6/21(水)仮想通貨マーケット速報

本日もビットコインはジワリと上昇してBTC=2700$。 8.1騒動も一段落し、BTCは引き続き上昇基調が続きそうです。 アルトコインの方は夜中に人気ICOのStatusへのイーサリアム送金遅延問題とかで 全銘柄一斉に下げてました。 大きなトラブルがあればアルトコイン全部に波及(主に暴落時)する のが怖いところですね。 イーサリアムは0.14前後から一時0.11まで下がってパニック状態に。 その他、リップルも高値から10%ほど下落しました。 リップルは高値更新を目指そうかという展開だったのに残念でしたね。 でもリップルに原因があるわけじゃないので、また値段を戻してくると思います。 まとめ 依然としてレバレッジが大きくて特に夜中に多く動いたりして怖い相場が続きます。 直近のICOバブルは早く落ち着いてほしいですね。 そのうちまた何か大きなトラブルが起きそうな気がします。 最近で大きな話題になったICOといえば MobileGo,BAT,Bancorそして今回のStatusぐらいで、しばらくは一段落しそうです。 それでは、本日もご閲覧ありがとうございました。 仮想通貨全銘柄上がれ~グッドラック!  

2017/6/17(土)仮想通貨マーケット速報

ビットコインがやはり値段を戻してきました。 4時間足で画像の6月15日12時というところで目先の底だと考えられるでしょう。 この週末は結構大事なポイントかもしれません。 アルトコインに目を転じるとライトコインが急に上がってきました。 セグウィットに既に対応している通貨ということで上がっているのでしょうか。 "ライトコン、Segwitアクティベート後も、何の問題もおこってない" https://t.co/Cm6cDQCCUf — Tetsu UASF 大石哲之 (@tyk97) 2017年6月14日 //platform.twitter.com/widgets.js 仮にビットコインにsegwit導入されたら、ライトコインの価値ってどうなるんだろう。 — マナ@ (@1000crypto) 2017年6月16日 //platform.twitter.com/widgets.js 暗号通貨は改良が可能なのだから、大切なのは優秀な技術者や開発者がどれだけいるかということ。 なので、最も数多くの優秀な技術者や開発者が集まるビットコインの技術を転用できるということは、それだけライトコインは有利な環境にあるということ。 これがライトコインの強みです。 — Yasu UASF 濱田泰昌 (@yasumasa200) 2017年6月17日 //platform.twitter.com/widgets.js うーん、一時的な避難先で上がっているものだと思いますので、 ジャンピングキャッチに注意ですね。 急騰したアルトコインの多くは、1週間以内に値を戻すことが多いです。 今後ビットコイン運命の日の8月1日に向けて避難先として突然老舗のコインが上昇する可能性があるので、 引き続き注視していきたいですね。   主なマーケット情報 対ドル BTC 4.3% 2435.08 ETH 4.4% 341.61   対BTC ETH -0.0% 0.14099887 XRP -1.9% 0.00009874 LTC 26.7% 0.01520000 CANN 54.0% 0.00000519 ANS 51.8% 0.00103198 LGD 81.5% 0.00073864

2017年6月19日(月)リップル(XRP)急騰!

あっ、リップル(XRP)来てますね。 そろそろ膠着状態から脱してもおかしくないほど調整し、 9000台での力強い買いも確認できたので、いつ上に突き抜けてもおかしくないかと思います。 目下のところ11000の壁を目指したいところですが、10000前後で落ち着いてから、ここで2回ほど跳ね返されてます。 次に13000~14000ぐらいにある壁ですがこのあたりでも2回ほど跳ね返されています。 リップル取引量の韓国での異常なシェア上昇もあり、本当にそろそろ何か動きがありそうな気がしてきました。